プロフィール

彌之助

Author:彌之助
訪問ありがとうございます。勝手気ままにその時の思いを綴っています。
現在54歳。女性。夫とは昨年結婚し、お互いの子どもが3人ずついて合計6人。子どもの配偶者を含めると子どもは、10人。孫が8人の合計20人家族。
介護福祉士。現在、老人保健施設で働いています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年1月23日(金)

今日は、次男と久しぶりに会い、話をする事が出来ました。

次男は大学生生活が7年目となり、かなり疲れきっていました。

授業料の為に働き、留年を繰り返しており、未だ3年生で、来年4年生を無事に過ごして卒業が出来るのか?

ようやく見つけた目標の教職免許が取れるのか?

それもつかめない状況です。

母親として、人生の先輩として

  卒業や資格・免許の取得・・・そんな事に私はこだわっていない事。

  子どもには、楽しくいきいきと過ごして欲しい事。

  一時的な苦しみなら乗り切って欲しいけど、君が精神的に病んだり

  体を壊したりする事の方が心配でいる事。

  経済的な援助は、今現在に家賃や光熱費や携帯代を負担しているだけで十分だと思っている事。

  今の状況は君の計画性の無さが生んだと思っている事。

など、思っている事を素直に伝えた。

息子は、僕もそう思っている。と言っていた。

珍しく弱音を吐いており、みんなに迷惑や負担を掛けている事も辛い・・・と言っていた。

25歳になっても大学生でいる事の精神的な重圧は、自分の責任とはいえ

見ていても辛い。

 夢だけは諦めたくない。と言う彼の選択がどうなっていくのか見守るしかない。


今日は、離婚問題がなかなか解決しない弟とも会い、弁護士との話し合いにも

同席した。

弟は、欝がひどくなり、次男の家に一時的に居候していたが、

昨日から一人暮らしを始めたので、新しいアパートにも一緒に行き

買い物や荷物の整理をしたり、子供の頃の苦労話をしたりして過ごした。

アパートの連帯保証人になったので、「自殺なんかしてもらったら困るよ。」って

ちょっと釘をさしておこうかと思っていたが、今日は言いそびれてしまった。

とりあえずは心配なさそうだと思ったのだが・・・

マメに連絡を取り合って行く事は続けていかないといけないと思っている。


私自身も、未だまだ 自分の生活自体 大変な時だが、

弱音を吐いている場合では無い。


 しっかりと生きて行こう
スポンサーサイト

弟の離婚騒動で思った事。

続きを読む »

気分の回復には書く事が役立つね。


ブログを開くことから遠ざかっていたけど
どうにもこのところの鬱々とした気分から抜け出せないから
気持ちを高める為に、開いてみた。

毎度、書くときは、かっこいいことを書きたくなるから、気分の向上に持って来い!なので・・・

思い起こせば・・・
最初にブログを書き始めたときは、離婚を考えて行動に移し始めた時だった。

それまでの生活は、何の波乱も起こすことなく、平々凡々を通してきていた。

人生の波というものは不思議なもので、動かない時は動かない。

けれど、一旦動き出した波は、落ち着く時がくるまではどうしようも無いものだ。

そんな不思議な事を実感し始めて、今もその波は収まってくれてはいない。

どういうわけか、TVドラマのような波乱の出来事が次々とやってくる。

ひたすら、ひたすら毎日を生き延びている。

今の自分に出来ることを ただひたすらやっていれば、必ず明るい未来はやってくると信じて

毎日、毎日を懸命に過ごしている。

必ず、やってくる!・・・そう信じなければ生きていけない。

再婚して幸せな筈なのに、

働ける体があるのに、

子供達や兄弟や孫・・・たくさんの愛する家族がいるのに、

疲れてしまっている。

神様、お願いだから、そろそろ穏やかに、安心して暮らせる日々をくださいな





笑える

めっちゃ笑える

こんな弱気な今だから打開出来ないのだ。

つーか逃げてんじゃん!!!


ってことで、今日の気分は解決

明日は夜勤、さっさとお風呂に入って寝よう

寝ることは一番の解決策やね・・・

ありがとう


昨日 友人が遊びに来てくれました。

私が「寂しい、ちょっとホームシックになった」とこぼしたからです。

友人は、自営業で 交流関係も多彩で忙しいのに

高速を飛ばして来てくれました。

金欠病だともらしたので、

結婚祝いと称してお金も包んできてくれました。

結婚式を挙げたわけでもないのに、お金を包んでくれる友人なんて聞いた事ありません。


言葉にできないほど嬉しかったです。

私にはそんな事が出来る度量は無いと思います。


彼女の価値観は一般常識に捕らわれていません。

自分の価値観で判断し行動します。

常に出来事の対応策を臨機応変に考えて、速攻で行動に移します。


決して恵まれた環境で過ごしたわけでもなく、

最初から強く・たくましい性格では無かったはず。

彼女は波乱万丈の人生の中で、もがき苦しみながらも

柔軟に自分を見つめ直して、自分改革を進めてきたのだ。


簡単な事ではないですね。

彼女から学ぶ事は多い。

自分を変える事はなかなかできるものでは無い。

私自身 変えたいと思う部分はたくさん持っているけれど、

本当に変えようとはしていないなぁ~と思う。




彼女から ありがたく頂いた軍資金で何の支払いからしようかと考えていたら、

なんだかやる気がおきてきた。

彼女から勇気と元気をもらったのだ。


彼女には 出世払いでお礼をしようと思う。

まずは、私が元気に私らしくすごして現状を打開して行く事が恩返しだね。


私は彼女のようなダイナミックな事はできないけれど、

コツコツは得意だ。

自分らしく頑張っていこうと思う。


ありがとう。



宮参り

私は、この4月に再婚しました。

現在52歳

夫は57歳

お互いに3人の子どもがいます。

私には未だ孫はいませんでしたが、

夫の3人の娘さんは、皆嫁いであり、

  一挙に7人の孫が出来たのです。




今日は、5月に生まれたばかりの7人目の孫のお宮参りに行きました。





お宮参り



お参りのあとは、娘婿の実家でお食事を頂きました。

美容室を経営してある、お父さん・お母さんはとっても忙しいと思いますが、

手作りの料理でもてなして下さいました。



外に出かけて、乾杯のワインとご馳走を遠慮なく頂き・・・




私は居眠りを始め・・・


とうとう孫の横でぐっすりと寝込んでしまいました





先ほど帰ってきたのですが、じわじわとしでかしたことが鮮明になってきて、


恥ずかしくて 穴があったら入りたい






めでたい日に、またまたドジぶりを披露した私でした。





早く大人になりたい。

 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。